トライアルキット レッスン動画ページ

トライアルキットをお申し込みの方限定のページです。他の方への共有はお控えください。

 

湯葉あんかけ

作り方)2人分
乾燥湯葉 5g
だし 300cc
A=薄口醤油・日本酒各小さじ1
吉野葛もしくは片栗粉適量(同量の水で溶く) この場合大さじ1・1/2ほど
おろし生姜 小さじ1 (5gほど)

作り方)
1、乾燥湯葉はボウルに入れ、たっぷりの水を張って2分ほど置き、戻ったらザルにあげてギュッと水気を絞る。
2、鍋にだしを入れて火にかけ、温まったらAを注いで1を入れ、沸騰したら吉野葛を少しずつ注いでよく混ぜ、好みの固さになったら火を止める。
3、お椀に注ぎ、おろし生姜を添える。

乾燥湯葉は煮過ぎるとかたくなりますのでおだしに加えたら手早く仕上げてください。

 

生麩田楽

材料)2人分
生麩(よもぎ、パンプキン、粟などお好みのもの) 120gほど
A=白味噌 大さじ2
 日本酒 小さじ1
 みりん 小さじ1
 砂糖 小さじ1

いりごま 適量
サラダ油 適量

作り方)
1、小鍋にAを入れてよく混ぜ、なじんだら弱火にかける。艶が出て滑らかになるまでよく混ぜ、味見をし、酒臭さが飛んでいたら火を止める。
2、生麩は適当な大きさに切る。フライパンにサラダ油を極薄く塗り、生麩を並べ、両面こんがりするまで焼いてお皿に並べる。
3、1を2の表面に塗り、好みで炒りごまを振る。
4、小鍋に全ての調味料を入れます。まずは火にかける前によく混ぜます、なじんだら弱火にかける。初めはお砂糖のザリザリした音がしてますが次第に解けて馴染んできます。持ち上げてぽってりとした質感になり、艶が出てきましたら、お味見をし、お酒臭さが飛んでいたら火を止める。
5、生麩を適当な大きさに切る。生麩はくっつきやすいので、包丁とまな板を一度水で濡らしてから押し切りするとうまく切れますよ。
6、フライパンにごくごく、少量のサラダ油を塗って火にかけます、生麩同士がくっつかないように並べます、すぐに触るとくっついてますが、しっかり焦げ目をつけてからだとひっくり返しやすいのであまり触らないようにしましょう。と両面こんがりするまで焼いてお皿に並べる。
7、焼けた生麩に適量のお味噌を塗ります、好みで炒りごまを振る。

 

即席おだしのひき方

どんぶりを使って簡単におだしをひく方法をご紹介します。
おいしいおだしでレッスンのお料理をつくってみてくださいね。

材料)
昆布 1枚5gほど
鰹節 20g
熱湯 600cc〜1100cc

※昆布と鰹節が水分を吸うので、必要な量に100ccを足した熱湯をご用意ください。

上記の分量で最小500cc、最大1リットルまでおだしを引くことができます。

※同封しました「ねこのひたい(非売品)」に上記の材料(昆布5gに鰹節20g)が既に入っております。

作り方)
1、 陶器や土物の器(ラーメン鉢、丼鉢などおうちにあるもの)に昆布を入れます。
2、 キッチンペーパーに鰹節を置いて包み、1の昆布の上に置きます。
3、 熱湯を注ぎ、ラップをして10分ほど置きます。余裕があれば冷めるまで置きます。
4、ラップをとり、鰹節を取り出してギュッと絞り、昆布を取り除いて完成です。

 

 
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お稽古内容やレシピについての質問は、小平先生へ直接メールやLINEでご質問いただいても構いません。
(事務局gokan.shokuraku021@gmail.comへお問い合わせいただいてもお答え可能です)

オンラインレッスン限定Instagram

https://www.instagram.com/kuronekoyasuko/

フォローリクエストを送信いただくと、投稿がご覧いただけます。
レシピのコツやお願いなどもアップしておりますので、ぜひフォローリクエストをくださいませ。
どなたがリクエストくださっているか知ってから承認したいので、アカウント名とお名前をInstagramのDMにメッセージください。承認させていただきます。

オンラインレッスンLINE公式アカウント

こちらから、オンラインレッスンLINE公式アカウントと友達登録していただくことができます。 毎月のレッスン情報や商品の在庫状況などお届けするほか、レッスンについてのご質問やオンラインショップに関するご質問も承ります。

お稽古運営に関してのご不明点は、
gokan.shokuraku021@gmail.com
までお願い致します。