アラカルトレッスン 赤飯

アラカルトレッスンをご購入いただいた皆さま限定のページです。
他の方への共有はお控えください。

 

赤飯

レシピのPDF版はこちらからダウンロードしていただけます。

材料)作りやすい分量
もち米2合 
小豆50g
水トータル8カップ
塩小さじ1/2
ごましお(ごま2:塩1)適量

作り方)
1.小豆を洗って鍋に入れ、かぶる程度の水を張って火にかけ、沸騰したら火を弱めて5分ほど茹で、火を止め、流水を少しずつ注いで冷やし、豆が水の中できちんと冷めたらザルにあげる。
2.水4カップを鍋に加えて1を入れて火にかけ、25分ほど煮て、茹で汁が深いロゼ色に染まったら小豆をざるに上げ、小豆と茹で汁は別々にする。すぐに茹で汁をお玉などですくって空気を含ませながら冷まし、色水を作る。もち米は水で洗ってボウルに入れ、ボウルにかぶる程度の色水を入れて混ぜ、浸けて一晩吸水させる。残った色水は予備に置いておく。
3.小豆を再び鍋に入れ、水4カップを張って火にかけ、食べれるが少し硬い状態までアクを引きながら30分ほどを目安に煮て火を止め、煮汁ごと冷まして冷蔵庫で保存する。
4.翌日、もち米はザルにあげて茹で汁(色水)をボウルに受けてよく水気を切る。ざるに蒸し布を敷いた中にもち米を入れて蒸し布で包み、蒸気が立った蒸し器で約15分蒸す。
5.予備で置いておいたもち米用の茹で汁(色水)1カップを大きめのボウルに入れ、塩を加えてよく混ぜる。小豆はざるにあげて水気をよく切る。茹で汁(色水)に蒸したもち米を加えてほぐすように混ぜ、茹で汁(色水)が全て吸ったら小豆を加えてざっくりと混ぜ、再度蒸し布を敷いたざるに入れて、蒸し器で約15分蒸す。
6.蒸し器から出して乾いた飯台で冷ましてから茶碗に盛る。少し食べてみて、まだ硬ければ茹で汁(色水)を手で振ってかけ、軽く混ぜて5分ほど蒸し、自分好みの硬さになるまで繰り返す。
7.蒸せたら飯台やおひつに入れて冷ます。なければ巻きすにさらしや布を引いた上に広げて冷ますとよい。
8.お好みでごま塩を振る。

※予備の茹で汁(色水)は多めに取りおいておくと、蒸したもち米が硬ければ手で軽く振りかけて蒸し直したり、もち米を吸水しているときに足りない場合は足すこともできます。場合により茹で汁(色水)が全体的に足りない場合は水を足したり、2と4の茹で汁(色水)を合わせてお使いください。お赤飯が完成した時点で捨てれば良いでしょう。あずきの茹で汁は飲むとむくみ防止にもなりますよ。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お稽古内容やレシピについてご質問いただけます。
メール、LINE公式アカウントからどうぞ。

オンラインレッスンLINE公式アカウント

こちらから、オンラインレッスンLINE公式アカウントと友達登録していただくことができます。 毎月のレッスン情報や商品の在庫状況などお届けするほか、レッスンについてのご質問やオンラインショップに関するご質問も承ります。

お稽古運営に関してのご不明点は、
gokan.shokuraku021@gmail.com
までお願い致します。