アラカルトレッスン いなり寿司

アラカルトレッスンをご購入いただいた皆さま限定のページです。
他の方への共有はお控えください。

 

いなり寿司

レシピのPDF版はこちらからダウンロードしていただけます。

材料)
白米2合 315g
昆布1枚8gほど(お米を炊く分量の水に30分ほど浸けておく。これを昆布水とする。)※
干し椎茸1個(100ccの水で戻す)
金時人参50g
ゴボウ50g
A=出汁100cc 薄口醤油・砂糖各小さじ2
合わせ酢 お酢40cc 砂糖大さじ3 塩小さじ1 
寿司揚げ10枚
B=出汁400cc、砂糖大さじ6−7※、濃口醤油大さじ3
いりごま適量

作り方)
1. 干し椎茸は石突きを外して荒く刻み、戻し汁とともに鍋に入れる。金時人参はあらみじんに、ゴボウはささがきにし、Aと共に鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、柔らかくなって煮汁がある程度なくなるまで10分ほど煮たら火を止め、鍋ごと粗熱が取れるまで置く。
2 .たっぷりの熱湯で寿司揚げを12分ほど強火で茹で、ザルに上げて水気を切り、お箸やすりこぎで表面を転がして水気と油分を切り、斜め半分に切って中を割いて袋状にする。
3. 鍋に2を均一に入れ、Bを入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて15分ほど煮て火を止める。鍋ごと冷まし、ザルに上げる。(絞らない)
4 .土鍋や炊飯器に白米、昆布水を入れて蓋をして炊く。炊けたら昆布を取り、炊きたてのご飯を飯台に移し、Aを注いで手早く切るように混ぜ、1を穴あきのスプーンなどですくって入れ、いりごまを加えて混ぜ、馴染んだら20等分に分けて手に寿司揚げの煮汁をつけて丸める。
5 .3の寿司揚げの口を広げ、4を親指で押し込むようにして詰め、まとめる。

※炊飯器ならメモリのところまで。土鍋などの蓋つきの鍋の場合は400ccを目安に。
※量に驚かれるかと思いますが、しっかり甘い方が美味しいですよ。

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

おだしのひき方

材料)
昆布 1枚5gほど
鰹節 20g
熱湯 600cc〜1000cc(お好みの量)
 
※五感食楽のレッスンを初めてお申込みの方のお荷物に同封しました「おだしキット(非売品)」に上記の材料(昆布5gに鰹節20g)が既に入っております。

作り方)
1.陶器や土物の器(ラーメン鉢、丼鉢などおうちにあるもの)に昆布を入れます。
2.キッチンペーパーに鰹節を置いて包み、1の昆布の上に置きます。
3.熱湯を注ぎ、ラップをして10分ほど置きます。余裕があれば冷めるまで置きます。
4.ラップをとり、鰹節を取り出してギュッと絞り、昆布を取り除いて完成です。

冷蔵庫で保存の場合、
夏場は3日ほど
冬場は4、5日ほどで使い切ってください。

それ以上の場合は冷凍庫で保存しましょう。 

動画がうまく再生できない場合はこちらのページをお試しください。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お稽古内容やレシピについてご質問いただけます。
メール、LINE公式アカウントからどうぞ。

オンラインレッスンLINE公式アカウント

こちらから、オンラインレッスンLINE公式アカウントと友達登録していただくことができます。 毎月のレッスン情報や商品の在庫状況などお届けするほか、レッスンについてのご質問やオンラインショップに関するご質問も承ります。

お稽古運営に関してのご不明点は、
gokan.shokuraku021@gmail.com
までお願い致します。