アラカルトレッスン 京都のお雑煮と梅人参のうま煮

アラカルトレッスンをご購入いただいた皆さま限定のページです。
他の方への共有はお控えください。

 

京都のお雑煮と梅人参のうま煮

レシピのPDF版はこちらからダウンロードしていただけます。

京都のお雑煮

材料)
祝い大根2本 15g 
金時人参適量 
海老芋1個 
丸餅2個 
よもぎ餅2個 
A=水300cc 昆布1枚5g 
白味噌100g
鰹節適量

作り方)
1.鍋にAを入れて20分ほど置いて戻す。
2.祝い大根と金時人参は皮を剥いて3mmの輪切りにし、鍋に入れて水を注いで火にかけ、火が通るまで4−5分ほど茹でたらざるにあげ、冷ます。海老芋はヘタを切り、4等分に切って皮を厚く剥き、角を面取りして鍋に入れ、かぶる程度の水を張って柔らかくなるまで15分ほど煮て、ざるにあげ、冷ます。
3.1に人参、大根、海老芋を入れて火にかけ、鍋肌に細かい気泡が出てきたら昆布を取り除き、白味噌を溶かし入れて一煮立ちさせる。
4.丸餅とよもぎ餅をたっぷりの熱湯で茹で、お椀に盛り付け、3の火を止めて汁を注ぎ、花鰹を添える。

我が家では曽祖母の代からよもぎ餅を入れるのが常でした。これは一般的ではありませんが、贅沢なお節をたくさん頂くので、解毒の意味でお雑煮に入れていると教わりました。

京都のお雑煮は、角を立てず、全て丸くおさまるようにという意味を込めてお雑煮の具を全て丸にしますが、人参を梅型にするのも素敵です。

梅人参のうま煮

材料)
金時人参1/2本8切れ分
A=出汁100cc、砂糖・日本酒各小さじ1、薄口醤油小さじ1/2

作り方)
1.人参を1cmの幅に切り、梅のかたちに切って鍋に入れ、水を張って柔らかくなるまで5分ほど茹でざるにあげ、冷ます。
2.鍋にA、1、2を入れて火にかけ、温まったら火を弱めて5分ほど煮て火を止め、冷ましながら味を含ませる。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

おだしのひき方はこちらからレッスン動画をご覧いただけます。

五感食楽のオリジナルおだしはオンラインショップでご用意しております。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お稽古内容やレシピについてご質問いただけます。
メール、LINE公式アカウントからどうぞ。

オンラインレッスンLINE公式アカウント

こちらから、オンラインレッスンLINE公式アカウントと友達登録していただくことができます。 毎月のレッスン情報や商品の在庫状況などお届けするほか、レッスンについてのご質問やオンラインショップに関するご質問も承ります。

お稽古運営に関してのご不明点は、
gokan.shokuraku021@gmail.com
までお願い致します。